EH-HS0E・EH-HS9Eの違いを比較!パナソニックナノケアヘアアイロン最新口コミ!

家電
スポンサーリンク

EH-HS0E・EH-HS9Eの違いを比較!パナソニックナノケアヘアアイロン最新口コミ!

ということで、今回はパナソニックストレートヘアアイロンEH-HS0EとEH-HS9Eの違い、口コミをお届けします٩( ”ω” )و

パナソニック最新のストレートヘアアイロンナノケアEH-HS0E2020年5月1日に発売されました☆

パナソニックの美容家電、ナノイーのドライヤーも高性能で人気ですがヘアアイロンもとっても良さそうですよね(*’ω’*)

 

ヘアアイロンを使う時も髪に良いものを使いたい!

髪がパサついてきて悩んでいる。

なかなか美容院に行けないから、お家でサロン級のケアがしたい!

という方にとてもおすすめです♪

 

最新モデルが発売されたのですが、同じ日に出たEH-HS9Eとの違いも気になりますよね。

 

EH-HS0EとはEH-HS9Eの違いは5つあります。

ストレート力がEH-HS9Eに比べて20%アップ
滑りやすさがEH-HS9Eに比べて30%アップ
本体が少しコンパクトになっている
・スムースグロスコーティングプラスになり、キューティクルへの摩擦を減らしつつ髪にしっかり熱を伝えること
立ち上がり時間がEH-HS9Eより10秒早い
となっています。

EH-HS0E・EH-HS9Eの違いを本文で詳しく紹介していきます!

また、最新の口コミも紹介していきます٩( ”ω” )و

 

早速チェックしたい方はこちら☆


 


ストレートヘアアイロンナノケアEH-HS0Eとは?

パナソニック ストレートヘアアイロン ナノケア EH-HS0Eは、2020年5月1日に発売した、パナソニックの最新モデルのストレートヘアアイロンです。

髪に水分をしっかり閉じ込めながら、夜までつやめくストレートを持続できるという高性能のヘアアイロンです☆

アイロンって、夕方くらいになると髪がパサついてきたり効果が薄れてくるので夜まで続くのはとても魅力的ですね!!

ストレートヘアアイロン ナノケア EH-HS0Eの特長は?

この商品の特長は5つ!

たった1回滑らせるだけで、サロン級のつやめくストレートが夜まで続く

高性能ヒーターを新たに加えた3つの温度コントロール機能3D密着プレートストレート力がEH-HS9Eに比べて20%アップ!

3つの温度コントロール機能とは、

・高性能ヒーター…髪を滑らせた時に下がる温度の復帰速度を大幅に改善

・温度均一プレート…プレートのどこでも温度が均一だからムラなく熱を伝える

・ヒーター温度検知機能…スタイリング中の温度低下を抑える

 

ことができるんですね!

つまり、温度低下を抑えつつ復帰速度を上げて、ムラなくクセが伸びるというものです。

この機能にさらに

3D密着プレートでどの角度でも上下左右にプレートが動くことで髪にしっかりフィットし、毛先までキレイなストレートに♡

髪って太さも違ったりするし、このプレートの機能はありがたいですね!

 

すべりやすさがアップ!キューティクルの摩擦を軽減

さらにそのプレートに、スムースグロスコーティングプラスが施されており、滑りやすさがEH-HS9Eに比べて30%アップ!

髪に熱をしっかり伝えながら、キューティクルの摩擦を少なくしてさらにツヤやしっとりまとまりのある髪にしてくれます٩( ”ω” )و

ここでも髪のうるおいを守る効果があるんですね!!

 

スリム&コンパクトで使いやすい設計

スリムヘッドになり根元にも使いやすく指にフィットするコンパクトな設計に。

また、360度回転式なのでコードが絡まりにくくなっています☆

アイロンって、結構太くて掴みにくいものもあるので手が疲れて使うのが億劫になったりしますよね。←私だけ?(;’∀’)
これなら、手も疲れずにお手入れできそうですね٩( ”ω” )و

 

約20秒でスピーディに立ち上がる!

電源をつけて約20秒で使用可能な温度に立ち上がり、また1回のストレート力もアップしているので忙しい朝もさっとスタイリングできる!

アイロンって温まるのに結構時間がかかるので、素早く使えるのはとっても助かりますね٩( ”ω” )و

 

 

水分量たっぷりのナノイーでキューティクルを引き締める

ナノケアシリーズ共通の一番の特長であるナノイー
これがあることでしっかり髪のうるおいを守ってくれます☆

でも、そもそもナノイーって何??と思いますよね。

ナノイーとは、空気中の水分をかなり細かくした水分たっぷりのイオンのこと。

一般的なマイナスイオンの約1,000倍以上の水分が含まれています。

マイナスイオンは空気中に漂っている小さな水のかたまりのことで、森林や水辺など水分を多く含む場所に多く存在しています。ストレス軽減やリラックス効果があり、髪の毛や肌の潤いの増加にも効果があるといわれています。

そんなマイナスイオンの約1,000倍以上の水分とは、かなりの水分量ですね٩( ”ω” )و

 

さらに高浸透ナノイーなので、従来のナノイーに対して水分発生量が18倍に!

 

 

髪の水分バランスを整えてうねりをおさえ、髪の内部にまで水分が浸透します。

使い続けることで、キューティクルが引き締まり、なめらかな髪にしてくれます!

ストレートヘアアイロンナノケアEH-HS0E・EH-HS9Eの違いを比較!どっちがおすすめ?

今回発売されたEH-HS0Eと、EH-HS9Eの違いは何なのでしょうか?

同じ日に発売された商品なので、とても気になりますよね。



EH-HS0EとEH-HS9Eの違いを比較してみると、ほとんどのスペックは同じですが

EH-HS0Eは
ストレート力がEH-HS9Eに比べて20%アップ
滑りやすさがEH-HS9Eに比べて30%アップ
本体が少しコンパクトになっている
・スムースグロスコーティングプラスになり、キューティクルへの摩擦を減らしつつ髪にしっかり熱を伝えること
立ち上がり時間がEH-HS9Eより10秒早い
となっています。

また、2018年発売のEH-HS9Aと比較すると
EH-HS9EとEH-HS9Aはほとんど同じスペックで、より良くなっているのがEH-HS0Eですね!

品番EH-HS0EEH-HS9EEH-HS9A
カラー-K(黒)
-W(白)
-K(黒)
-W(白)
-K(黒)
-P(ピンク)
-W(白)
タイプストレートストレートストレート
本体寸法高さ26.7×幅3.15×奥行4.2 cm高さ28.7×幅3.3×奥行4.5 cm高さ28.7×幅3.3×奥行4.5 cm
機能ナノイー
フロートプレート
自動電源OFF(約60分後)
開閉ロック
ナノイー
フロートプレート
自動電源OFF(約60分後)
開閉ロック
ナノイー
フロートプレート
自動電源OFF(約60分後)
開閉ロック
コーティングスムースグロスコーティングプラス
〔髪への効果〕キューティクルへの摩擦を低減しながらも、髪にしっかり熱を伝える。
スムースグロスコーティング
〔髪への効果〕キューティクルへの摩擦を低減し、つややかスタイリング。
新グロスコーティング
〔髪への効果〕キューティクルへの摩擦を低減、カラーリングの色落ちを抑え、髪つややかに。
立ち上がり時間約20秒約30秒約30秒
海外使用
アイロン部温度(約)約130/155/170/185/200 ℃(5段階)約130/155/170/185/200 ℃(5段階)約130/155/170/185/200 ℃(5段階)
生産国タイタイタイ
発売日2020年5月1日2020年5月1日2018年5月1日

髪への負担をより減らしながらより高いストレート力を持続させたい
サロン級のお手入れがしたい
忙しい時も素早くお手入れしたい

という方にEH-HS0Eがおすすめです!!

ストレートヘアアイロンナノケアEH-HS0Eの口コミは?

EH-HS0Eの口コミを見てみましょう♪

・ドライヤーもナノイーを使っていますが、今回思い切ってアイロンを購入。ドライヤー以上に効果を実感しました。潤いもすごくて、ストレートの持ちもすごく長かったので購入してよかったです。
・熱くなるのが早くて、すぐに使えたので大満足です。
・間違いない商品力で、とても使いやすいです。

という満足度の高い口コミが早速ありました。

今のところ、悪い口コミは見当たりませんが、EH-HS0EEH-HS9E・EH-HS9Aと比べて20g重いので、多少の重量感はあるかもしれませんがコンパクトな設計になっており使いやすさはアップしているので、それはあまり気にならないかなと思います!(^^)!



まとめ

いかがでしたか?
今回ご紹介したパナソニックナノケアヘアアイロンEH-HS0Eは機能性も高く、より使いやすくなっています。

素早くお家でサロン級のお手入れができて、さらに使い続けることで髪の毛も潤いもアップするのでとっても素敵なアイロンですよね。

ぜひチェックしてみてくださいね٩( ”ω” )و



コメント