狭い部屋でも冬物アウターをすっきり簡単に収納するには?

片付け

 

こんにちは!ゆるキャリママです(‘ω’)

寒かった季節が終わると、コートなど冬物を
片付けをしないといけないですよね。
お手入れ、片付けを怠るとまた次のシーズンに
気持ちよく着れなくなってしまいます。

また、冬物はボリュームがあるのでどうしても
かさばりますし、お手入れしてからの収納も
結構悩みますよね。

そこで、今回は狭い部屋でも冬物アウターの
片付け、収納
について簡単に取り組める方法を
まとめてみました!

スポンサーリンク

冬物アウターのお手入れ・片付けについて

・クリーニングに出す

後回しにしがちですが、早めにクリーニングに
出しておく。クリーニング店のセールの時期を
把握して、なるべく安く利用する。忙しかったり
小さい子がいてなかなか外出できないなどあれば
最近はネットでクリーニングを頼めるサービスも
あるので利用する価値はあります♪

・自宅で洗濯できるものはしてみる

やっぱり、費用を抑えたいということであれば
洗濯表示を確認して、家で洗濯できるものは
してみてもいいですね。ただ、型崩れしたり
最初と同じように着れないこともあるので
なるべくはクリーニングに持っていくのが
オススメです。筆者は、春物ですがトレンチ
コートを自宅で洗濯したことがあり、型崩れ
したりあまり良くなかったのでやはりクリー
ニングがいいなと感じました。

冬物アウターの収納について

・収納スペースない場合は断捨離を

かさばるので収納スペースを確保するために
しばらく着ていないものは思い切って断捨離
する。アウターは、その年によって丈の長さや
シルエットなどが微妙に違うので、結構古く
感じてしまうので定番もの以外は処分するか
売ってしまうのがオススメです。

・畳めるものは畳んでよりすっきり

収納ボックスに、畳んで収納する方法もあります。
シワになりやすい素材、例えばウール、レザーや
ファー付コートなどです。クリーニングした後
畳んで、防虫剤もしっかり入れておくと完璧です♪

・圧縮袋を活用してみる

どうしてもスペースが空かない、収納スペースが
元々狭いなどであれば、アウター用の圧縮袋を
使ってみるのもオススメです♪ダウンや厚めの
生地コートなどのシワになりにくいものなら
大丈夫。ただ、物によっては最初のふんわり感が
なくなる場合もあるので注意が必要です。

・ハンガーを統一してよりすっきり

ハンガーを同じもので統一することで、見た目も
すっきり、スペースも空きやすくなるので
思い切ってハンガーを新調してみるのもいいです
ね。

まとめ

今回は、冬物アウターの片付け、収納方法に
ついてまとめてみました。結構億劫になって
しまうので、簡単にできるものを紹介して
みました!できることから始めて、お部屋を
すっきりさせましょう♪

ではまた~(*^^*)

コメント